2019年

3月のピックアップ!

熊谷育美
「桜」
2019年3月6日発売 10周年記念アルバム「遥かな青」より
201903pickup
「気仙沼から世界へ」をキャッチフレーズに2009年11月、人待雲でデビューしたシンガーソングライター熊谷育美。デビューの翌年には、「月恋歌」が「劇場版TRICK霊能力者バトルロイヤル」の主題歌に大抜擢され一躍時の人に。4枚目のシングル「雲の遥か」は東日本大震災の前日に完成したこともあり、震災復興の応援歌として東北を中心に多くの人に愛されています。今月のpick up songは、3月6日発売の10周年記念アルバム「遥かな青」に収録された新曲です。この春に聞きたい1曲、ぜひお聞きください。

 

2月のピックアップ!

EG
「アンバー~キミとボクの間に~」
2018年12月15日発売miniALBUM「月夜に捧ぐ歌」 より
EG_月夜に捧ぐ歌_JKT
宮城県仙台市出身のシンガーソングライターEG(イージー)。音楽を始めたのは高校時代で、友人の兄の影響を受けたのもでした。ライブハウスではじめて歌ったのは15歳の頃。2006年EGを名乗りソロ活動開始、2010年6月23日に3曲入りシングルEG/1 (Stand Alone)・EG/2 (with the BAND)2枚同時リリースしデビューを果たしました。その後、2011年には配信限定楽曲「バイバイ」「クライベイベー」「青」をリリース、2012年には自身初となるminiALBUM「GO」を発売しています。今回紹介している「アンバー~キミとボクの間に~」はライブ会場限定販売のミニアルバム「月夜に捧ぐ歌」の1曲です。ささやかでも輝く星のように夜を彩るような想いを込めたアルバム・・・EGの心地良いその歌声にあなたも魅了されることでしょう。

 

1月のピックアップ!

畠山美由紀
「愛はただここにある」
2018年12月14日発売7th album Wayfarerより
2019.01_pickup
宮城県気仙沼市出身のシンガーソングライター畠山美由紀。2001年にシングル「輝く月が照らす夜」でソロデビュー、2011年12月には東日本大震災で被害を受けた故郷・気仙沼を想い作られた「わが美しき故郷よ」を発表しています。そんな畠山美由紀の7枚目のアルバムは彼女にとって5年6ヶ月ぶりとなる新作です。今作はプロデュースに冨田恵一を迎えた待望のポップスアルバム!タイトルは「Wayfarer(ウェイファーラー)」。今回はアルバム全10曲の中から、水野良樹(いきものがかり)が作詞作曲を手がけたラブバラード「愛はただここにある」(リード曲)をPICK UP!!

 

PAGE TOP